色々な場所で行われる工事~工事を業者に任せて快適な生活を~

indoor splendor

工事を行おう

indoor beauty

まずは外構工事の業者選びから

住宅のエクステリアを変化させたい、あるいは直すべき点を直したい場合、外構工事を業者に依頼します。通常ハウスメーカーに直接依頼する場合がいいのかもしれませんが、ハウスメーカーの場合下請け業者を使うため中間マージンが発生してしまいます。そこで、中間マージンを無駄だと思う人は直接外構工事の会社を見つけて外構工事の依頼をするとよいでしょう。 その後具体的な打ち合わせを行います。打ち合わせの前に事前にその庭や土地の事前調査を行っているはずですので、明確なプランニングができます。プランニングは一度で終わる場合もありますが、業者によっては何度も繰り返し行うことで、より施主の求めている形に近いものを造り上げようとするのです。

契約完了から施工終了まで

そのプランが決定し、見積もりも完成したらいよいよ契約になります。契約時にもう一度打ち合わせて決定した内容を確認します。 その後いよいよ工事着工になります。工事をする場合には音や振動で近隣の住宅に迷惑をかけてしまうことがありますので、業者の方でもあいさつ回りを行います。また、施主の方でもお菓子などを包んで渡したほうがいいでしょう。その時にはいつから外構工事が始まりいつぐらいまでかかるということをはっきりと伝えてください。 工事が完成すると、責任者と施主が工事個所の確認します。プラン通りに行ったかということを確認して、施主に納得してもらいます。 最近はアフターフォローというカタチでフォローをしている業者や保証期間を設けて保証をしている業者があります。